トレーラー運転手の仕事内容

高度な運転技術と責任感が必須

トレーラー運転手の仕事は一言で言えば貨物の運搬です。トレーラー運転席部分のトラクターヘッドと貨物部分の構造になっていて、貨物部分はセミトレーラーで16.5m以内から18m、フルトレーラーでは最大21mと長く、運転には高度な技術を要します。貨物の種類や仕事の内容によりコンテナ、タンクローリー、ダンプトレーラー、キャリアカーなどトレーラーの種類も様々です。トレーラー運転手はこれらの貨物を指定された場所まで運ぶ仕事であり、最も重要な点は貨物を保証することです。指定された時間までに指定された場所に貨物の価値を損なうことなく届けることが最大の任務です。そのために高度な運転技術に加え、長時間の運転に耐えられる精神力、体力、責任感などが求められます。

生活になくてはならない重要な役割

トレーラー運転手は長距離の運転を一人で行うことがほとんどです。誰に監視されるでもなく自分のペースで仕事ができることから人間関係のトラブルが少なく気楽な仕事と思われがちですが、昼夜を問わず目的地までの到着時間を計算しながら毎日10時間以上運転することが一般的であるため、とても責任の大きな仕事と言えます。長距離運転に耐えられる体力と健康管理はまず不可欠です。さらに日本中を走り回るため各地のルートやその特徴を把握したり、また貨物到着時には荷降ろし作業や内容の確認、書類の確認など、スピードや正確さを必要とする作業もあり、管理能力も求められます。このようにトレーラー運転手の仕事は物流の根底を支える役割を担っており、全国の人々の生活や経済活動を維持するためになくてはならないものなのです。

トレーラーの募集があったときには、長時間一人で過ごすことが得意な人や、集中力が高い人が向いています。