トレーラー求人のデメリット

体力的な負担が大きい

トレーラー求人は、ドライバーの仕事の中でも特に人気が高いと言われています。これは、建設機械や重機、自動車や液体窒素などの危険物をトレーラーで運ぶ仕事です。運転するのが好きな方、1人で働きたい方に最適な仕事ですが、いくつかデメリットもあります。それは、体力的な負担が大きいということです。トレーラードライバーは長距離輸送が基本で、1日に300キロ以上もの距離を走ることは珍しくありません。トレーラーを長時間、運転することは、非常に集中力を必要とするものです。また、荷降ろしや積み込みなどの作業も行わなければならず、体への負担は大きいといえるでしょう。一般的な会社員よりも疲労を感じやすいことを覚悟しなければいけません。

生活が不規則になりがち

トレーラードライバーの仕事は、生活のリズムが不規則になることが多いこともデメリットといえるでしょう。事故が起こるリスクを低くするために、道路が空いている夜間帯に重機や自動車などの大型のものを運ぶことが多いです。そのため、夜間の時間帯に集中して仕事を行い、朝ご飯を食べてから就寝するというケースがほとんどです。したがって、トレーラードライバーの仕事を始めたばかりの頃は、体調が崩れてしまうことも珍しくはありません。体調不良によって集中力が欠如してしまうと、運転中に危ない目に遭ってしまうリスクが高いです。そのため、生活習慣が乱れてしまうのが無理だという方は、トレーラードライバーに向いていないと言えるでしょう。

けん引の求人では、トレーラー運転手が注目されています。けん引の免許と大型自動車免許が必要ですが、トラック運転手に比べて給与の面で有利です。